2017年度早稲田大学文化構想学部解答速報&入試総評

このページは2017年早稲田大学文化構想学部の解答速報と入試総評のページだ。

本年の早稲田大学文化構想学部を受験した人、今後早稲田文構を受験するつもりの人はぜひ参考にしてほしい。

早稲田文化構想学部の入試の特徴

早稲田文化構想学部の2016年の配点や平均点、合格最低点は以下のとおりだ。

試験科目 配点 科目 受験者平均点
(成績標準化前)
合格最低点
(成績標準化後)
外国語 75 英語 35.253 125.5
国語 75 48.401
地歴 50 日本史 28.516
世界史 30.688
合計 200

 

またセンター利用入試(センター試験+一般入試)では以下のようになっている。

試験科目 配点 科目 受験者平均点
(成績標準化前)
合格最低点
(成績標準化後)
外国語 75 英語 37.955 132.5
国語 75 51.340
学部指定のセンター科目 50 指定科目 80.301
合計 200

 

2017早稲田大学文化構想学部解答速報

では本年の早稲田大学文化構想学部の解答を公開しよう。(英語のみ即日公開。その他の科目は翌日以降の公開となります。)

英語

2017年早稲田大学文化構想学部 英語解答速報 

国語

 2017年早稲田大学文化構想学部 国語解答速報

日本史

2017年 早稲田大学文化構想 日本史 

世界史

2017年早稲田大学文化構想学部 世界史解答速報 

 

入試総評

本年の早稲田大学文化構想学部の問題がどのようなものであったのか、そしてどのような対策をすべきであったのかをまとめたものである。

今後の学習の指針にしていただきたい。(問題確認後随時更新させていただきます。)

 

英語

 

 

国語

 

日本史

 

世界史

The following two tabs change content below.

鴨井 拓也

株式会社Realize代表取締役、慶早進学塾塾長。 慶應義塾大学在学中に慶早進学塾を設立。2016年度は志願者慶應義塾大学合格率100%を達成。2017年度は東京大学理科Ⅰ類、京都大学法学部をはじめ。早慶6名の合格者を輩出。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


無料受験相談・お問い合わせ

ご相談はこちらから▶
Copyright 2018 慶早進学塾 | 慶應大・早稲田大・難関大専門予備校