2018年度慶應義塾大学経済学部解答速報&入試総評

2018年の慶應義塾大学経済学部の解答速報と入試総評に関してだ。

慶應の看板学部にして、私立文系最難関の一つである慶應経済の問題は今年はどのような出題であったのだろうか。

この記事にしてしっかり確認していってもらいたい。

慶應経済の入試問題の特徴

慶應経済は、
A方式…英語200点、数学150点、小論文70点
B方式…英語200点、歴史150点、小論文70点
の2つの方式にわかれる。

それぞれの方式の情報は以下の通りだ。

  • A方式
年度
入試
試験科目 配点 受験者平均点 合格最低点
’17 英語 200 216.5 218
数学 150
小論文 70
合計 420
  • B方式
年度
入試
試験科目 配点 受験者平均点 合格最低点
’16 英語 200 234.8 245
地理歴史 150
小論文 70
合計 420

さてこの平均点だが、第一段階を突破した人の中での平均点となってることに注意だ。

どういうことかと言うと、慶應経済はA方式だと英語90点、数学70点の合計160点分、B方式だと英語の90点が先に採点が行われ、その得点が一定以上を満たさないと、他の部分の採点が行われない仕組みとなっているということだ。

いわゆる足切り。

そのため、ここで表示されている平均点というのは、第一段階を突破した人の平均点ということとなる。

2018年度慶應経済解答速報

では2018年の慶應義塾大学経済学部の解答を公開しよう。

英語

 

数学

 

小論文

2018年度慶應経済入試総評

では今年の問題の難易度などをここで確認していこう。

英語

 

数学

 

 

小論文

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


無料受験相談・お問い合わせ

ご相談はこちらから▶
Copyright 2018 慶早進学塾 | 慶應大・早稲田大・難関大専門予備校