2018年度慶應義塾大学理工学部解答速報&入試総評

2018年の慶應義塾大学理工学部の解答速報と入試総評のページだ。

慶應理工の入試問題の特徴

理工系学部の中で私立最難関の慶應理工に関してだが、昨年の慶應理工の配点や平均点は以下の通りだ。

年度
入試
試験科目 配点 受験者平均点 合格最低点
(平均)
’17 英語 150 229 271
数学 150
物理 100
化学 100
合計 500

※「合格最低点(平均)」とは、学門1~5における正規合格者の最低総合得点を、各学門の合格者数で重み付けして平均した値のこと。

慶應理工の大きな特徴としては、早稲田の理工と同様、理科が物理、化学の2科目必須であるということだ。

そのため私立3科目に絞って勉強してきた人は慶應理工を受験することができず、またこのような特徴や私立理工系学部最難関であるということから、東大や東工大などの難関国公立大学の併願者が非常に多いのも特徴だ。

2018年慶應義塾大学理工学部解答速報

では慶應理工の今年の解答や難易度などを確認しよう。

ファイルをクリックすることで解答を確認することが可能だ。

 

※全ての問題の解答を公開しました。今後の学習の指針としてください。

 

英語

 

数学

 

 

物理

 

化学

 

 

2018慶應理工入試総評

英語

 

数学

 

 

物理

 

化学

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


無料受験相談・お問い合わせ

ご相談はこちらから▶
Copyright 2018 慶早進学塾 | 慶應大・早稲田大・難関大専門予備校