塾長挨拶

なぜ多くの受験生の成績が伸びないのか?

 

予備校、塾、通信教育、参考書…。

今の世の中には数多くの勉強する環境が揃っています。そのためどんな学力の人でも、どこに住んでいる人でもやる気があれば成績を伸ばせる環境が揃っているように思えます。表面上は。

しかし裏を返せば、勉強して成績を上げたいだけなのに、選択肢があまりにも多くありすぎて結局何をやればいいのか分からない

また世の中に出回っている勉強法は成功者の体験談的な面が根強く残っており、それが全ての人にあてはまるものであるとは限らない

現実はこのような状況なのではないでしょうか。

そのため結局受験生は何が正しいのか分からず、確実に成績の伸びる勉強法が分からないまま、何となく勉強をし、そのまま受験本番を迎えてしまう。

漠然と学校や予備校の授業を受けて、大して成績が上がらないまま時間だけが過ぎてしまう人はその典型です。

そしてそういった人に待ち構える結果は当然「不合格」の3文字。

あまりにもそのような人が多すぎると感じていました。

そのような人達を日本からなくすために私は「慶早進学塾」を設立しました。

 

あなたにとって勉強とは何だろう?

 

本来「勉強」とは、「勉め強いる」ことだと言われていました。確かに一般的に「勉強」は多くの人にとって辛いものかもしれないですし、マイナスのイメージが根強く残っています。

しかし私は「勉強」とは「(自分自身を)強くするために勉める」ことだと思うのです。

確かに「勉強」には辛い側面はあります。常に自分の思い通りに成績が伸びるわけではないですし、勉強している時間そのものが苦痛であると感じてしまう人もいるでしょう。

しかし「勉強」を通じて自分自身の成長をダイレクトに感じることができたらそれはどのようになるでしょうか?

辛くて苦しいことだった「勉強」がどんどん楽しいものになっていくのではないでしょうか。

私はあくまでも生徒達の成績を伸ばすことは当然として、そこから「(自分自身を)強くするための」「勉強」をこの大学受験という場を通じて経験してもらいたいと強く願っています。

日本の大学は、欧米諸国の大学と比較した時に、一般受験が難しい代わりに卒業することが簡単だと言われています。

この制度のために、よく「受験までの人」が多く存在しているように思います。

ですが、本当の「勉強」を大学受験という場を通じて身につけてもらえたなら、それは大学に入学した後もいきていくはずです。

大学受験を通じて、高校生や受験生の人生を変えられるような機会を慶早進学塾では提供していきます。

慶早進学塾から自分の将来に向けて大きく羽ばたいていってください。

慶早進学塾塾長 鴨井 拓也

The following two tabs change content below.

鴨井 拓也

株式会社Realize代表取締役、慶早進学塾塾長。 慶應義塾大学在学中に慶早進学塾を設立。2016年度は志願者慶應義塾大学合格率100%を達成。2017年度は東京大学理科Ⅰ類、京都大学法学部をはじめ。早慶6名の合格者を輩出。

無料受験相談・お問い合わせ

ご相談はこちらから▶
Copyright 2018 慶早進学塾 | 慶應大・早稲田大・難関大専門予備校