2015 慶應義塾大学環境情報学部入試総評

2015年度慶応義塾大学環境情報学部の入試問題に関する総評です。

ジェラーのメルマガ購読はこちらから!

最も良質な情報を一番早く受け取ることができます!

二浪慶應生ジェラーの最強の受験メルマガ

 

こんにちは!

ジェラーです!

今回は慶應の入試の最後を締めくくる環境情報学部です。

総合政策学部と同様にキャンパスが湘南藤沢キャンパスなので、通称SFCと呼ばれていますね。

そんな環境情報学部の入試の特徴について見ていきましょう。

 

慶應環境情報学部の入試の特徴

配点

慶應環境情報学部の配点は、
Ⅰ…英語100点、数学100点、小論文100点
Ⅱ…英語200点、小論文100点
Ⅲ…数学200点、小論文200点
となっています。

総合政策学部と同様の配点で、帰国子女など英語に強い人はⅡを、理系出身など数学に強い人はⅢを、そうではない人はⅠを選べばいいのではないかと思います。

 

3段階採点方式

環境情報学部も総合政策学部と同様に3段階採点方式と呼ばれる、特殊な採点方式がとられています。

どういうことか説明しましょう。

まず第一段階として、選択した試験科目(英語+数学、英語、数学)の得点が1次選考基準点に達した受験生についてのみ小論文が採点されます。

つまりここで一定の得点を取れない人はその時点で不合格となります。

次に第二段階として、採点された小論文においても2次選考基準点に達したがどうかで足切りが行われます。

そして最後に選択した受験科目の得点と小論文の採点結果を組み合わせて、最終選考が行われます。

少々複雑ですが、これがどういうことを意味しているかというと、
 自分の受験科目全てにおいて足切りが行われる。
=受験科目まんべんなく得点することが必要で、1科目だけできていても、もう1科目できていないと、合計で最低点を上回っていても合格しない
ということです。

総合政策学部と同様に、非常にユニークな採点方式ですが、これがあることによって、例えば英語しかできない帰国子女だったり語学しかできない人を排除できますし、全体的に実力のある人を合格させることが可能となりますね。

このような特徴があるので、自分の受験科目はどれもしっかり得点することが要求されます。

個人的には非常に良い制度のように感じます。

 

2014慶應環境情報の入試総評

では2015年の問題の難易度などを比較しやすいように、先に2014年の問題がどうであったかを確認しておきましょう。

科目順にご覧ください。

 

英語

総合政策学部同様、1000wordsを超える超長文2題の出題で、形式は例年通りでした。

Ⅰは地球温暖化問題に関してで、Ⅱは産業革命と現代に関する長文。

分量、語彙レベル、英文の難易度どれをとってもかなりレベルが高く、中途半端な英語力ではまともに解けない印象は例年通りでした。

そういった点で2014年は難易度は例年通りでした。

実力をしっかりつけて臨みたかった所です。

 

数学

総合政策学部同様、大問は5題。

Ⅰは小問集合でどれも単純な計算問題のレベル。

さすがにこれを落としていたら受かるものも受からないでしょう。

Ⅱは極めて基本的な積分の問題で、ここも完答したい問題です。

Ⅲは場合の数の問題で、どうしたの?というくらい平易。簡単に取れます。

Ⅳからが若干レベルが上がった印象ですが、それでもこれも積分でよく見るタイプの標準的な問題でした。

Ⅴは階差数列の問題で、これも極めて基本的な出題でした。

以上のように、この年は難問は1問もなく、ほとんどの問題が一瞬で解法が思い浮かぶ問題ばかりでした。

2014年の数学は2012年の慶應経済の数学を思い出させるような、大幅な易化です。

満点近く取れる人が続出でしょう。

 

小論文

大幅に易化した数学とは対照的に、こちらは大幅な難化です。

例年よりも文章量が増加した上に、問題量も増加しました。

環境情報学部の小論文は、他の学部の小論文と異なり、より柔軟な思考力が求められます。

2014年では、受験生が編集者になりきり、本の構成を考えていくという、何とも奇抜なテーマで、非常に興味深い問題です。

問題 1 は、与えられた資料のそれぞれに小見 出しを付ける問題で、内容を一言でまとめられる要約力が必要です。

問題 2 は、本に収録しない資料を 3 つ選び、 その理由をまとめる問題で300 字以内でした。

問題 3 は、本の「はじめに」を書く問題です。

 6 つの資料から、読者に 伝えたいことを1000字以内でまとめる問題でした。

そして最後に問題 4 ではまとめとして、本のタイトルを付ける問題でした。

 

大学入試の小論文の問題としては最高峰の難易度を誇ると言えます。

柔軟な発想力と高度な読解力と論述力を併せ持つ必要がありました。

 

2015慶應環境情報入試総評

ではいよいよ2015年の慶應義塾大学環境情報学部の入問題の講評です。

科目順にご覧ください。

※問題を入手し、確認後記事を更新します。

 

英語

 

数学

 

小論文

 

 

来年度以降慶應環境情報を受験する方へ

2015年の問題を確認後、更新します。

 

The following two tabs change content below.

鴨井 拓也

株式会社Realize代表取締役、慶早進学塾塾長。 慶應義塾大学在学中に慶早進学塾を設立。2016年度は志願者慶應義塾大学合格率100%を達成。2017年度は東京大学理科Ⅰ類、京都大学法学部をはじめ。早慶6名の合格者を輩出。
コメントは利用できません。

無料受験相談・お問い合わせ

ご相談はこちらから▶
Copyright 2018 慶早進学塾 | 慶應大・早稲田大・難関大専門予備校